アロエヨーグルトについて

アロエヨーグルトを見ると、いつも幼き日の事を思い出す。私はもういい大人だから好きな時に好きなものを購入できるが、幼いときは違った。
幼き頃。約25年程前。ヨーグルトというと、我が家ではプレーンヨーグルトが常備されていた。一緒についている砂糖が唯一混ぜるものだと認識していた。我が家は、母が余計なものを買わなかったので当時は炭酸ジュースやお酒などが世に出ていることも知らなかった。だから、ヨーグルトもプレーンしかないと思っていた。
しかし、ある時、初めて母と一緒に買い物に行くと、名前は一緒の商品でも色々なメーカー、味などがある事を知った。
ヨーグルトもプレーン一種類だけでなく、色々な味があり驚いたのを覚えている。
その中で、一際気になる味があった。『アロエヨーグルト』と書かれているパッケージ。いちごやブルーベリーは、何となくだが想像できる。だがアロエとなると幼く何も知らない私には未知の世界だった。
そこで、母にねだり買ってもらったのを覚えている。
『アロエヨーグルトは高いのだから噛み締めて食べてね』
と母が言った。

家に帰り、初めて食べたとき、なんとも言えず口の中がぎゅーってなった。酸っぱい、とはちがうのだが、ヨーグルトの酸味が来たのだと思う。だが、アロエは甘くて、美味しい。大好きになった。
毎日買って貰えるはずもなく、小遣いやお年玉を貰っては買った。
母も、財布に余裕があると買ってきてくれた。
大人になっても、アロエヨーグルトが大好きなのは変わらない。
アロエヨーグルトを見るたびに、初めて食べて感動した幼き日の自分、嬉しそうな母の顔を思い出す。
私はこれからもこの商品を買い続けるだろう。