腸内環境が美肌と健康を作っていたとは!

私が意識的に乳酸菌を摂ろうと思ったのは、お腹にいいということはもちろん、
「お肌にもいい」ということが分かった後です。

もともと、ホルモン周期による便秘と、それに合わせたニキビ(吹き出物)の悩みを抱えていました。
やっぱりお通じがイマイチだと、お肌にもてきめんに表れます。
私の場合は、生理前の便秘に伴うアゴの真っ赤なニキビでした。
すごく大きい赤ニキビ。しかもめちゃくちゃ痛いタイプのものです。
早く治そうと薬に頼ったり、皮膚科に通ったり。でもダメでした。

「ホルモンのことだし、体質だから仕方ない」と諦めていました。
でも、メイクは出来ないし、赤ニキビは目立ちます。毎月イライラしていました。

ある日、TVで「腸内環境が体をつくる」という内容の番組をやっていました。
その番組で初めて、腸内環境の大事さに気づきました。
「便秘が赤ニキビを引き起こしていた」ということが確実に分かったので、
同じく便秘体質の母親に相談。

母はもともとひどい便秘で、ずっと苦しんできました。
それで、いろんなヨーグルトや乳酸菌飲料を試していくうちに、
明治の『R-1』というヨーグルトが一番効くと分かったのだそう。
そこで、私もさっそく『R-1』をお試し。

便秘時だけでなく、『R-1』を常日頃から摂るようにしました。
普段からお肌にあまり自信がなかったのもあり(お肌のくすみが少しありました)、
ニキビ対策というだけでなく、もっとお肌に透明感が出せないかな~と欲を出してみました。

気が付けば、赤ニキビのできる回数や数が減っていました。
それと同時に、便秘を意識することが少なくなりました。
「やっぱり、お肌と腸内環境ってほんとに連動してたんだ!」と感動。
お肌もキレイだと褒められることが増え、スキンケアにもまずまずチカラが入りました(笑)。

もちろん、効果の有無は個人に体質に合うかどうかだと思います。
母と私には『R-1』が効き、姉にどちらかというと『ダノンBIO』というヨーグルトが効くようです。

私は体質的に牛乳を飲むとお腹を壊します。
だから、『R-1』を摂る前は「お腹が緩くなるのはイヤだな」と思っていました。
でも、意外に優しい効果の表れ方で、ちょうど私の体質にはぴったりだったみたいです。

私は『ダノンBIO』も時々摂ります。
(こちらもなかなか効果大)
飽き性で、いろんな味を楽しみたいからです。
味の好みとしては、『ダノンBIO』のほうがいろんなフルーツ味が楽しめ、
甘みもあるので、味わいとしてはこちらに軍配です。

『R-1』は甘みが少ないので、
甘いのが苦手な方におすすめしたいです。効果もゆるやかながら、しっかり実感しました。

ほんとに腸内環境を整えることって大事ですね。
便秘になると、腸を傷めるだけでなく、体の至る所を傷めます。
全身の健康や美容のためにも、乳酸菌は欠かせないな、と思う日々です。