オリゴ糖 食品 ランキング

オリゴ糖 食品 ランキング

MENU
RSS

オリゴ糖は自然の食品からも多く摂れます

オリゴ糖が健康に良いと注目され始めてから、多くの健康食品が開発されてきました。しかし、オリゴ糖は私たちがよく知っている身近な食品にも多く含まれているのです。それを知っておくと、毎日の食事で無理なくオリゴ糖を摂ることができます。

 

オリゴ糖を含む食品は、主に野菜類に多く存在します。まず我々がよく知っているものから挙げていくと、玉ねぎ・ニンニク・トウモロコシ・ごぼうです。これらの食品は、家庭での料理にもよく使われるので、毎日必ず摂っている人も多いのではないでしょうか?

 

続いてちょっと珍しいものになると、エシャロット・チコリー・アーティーチョークがあります。エシャロットは玉ねぎの一種ですが、オリゴ糖を非常に多く含んでいます。チコリーは葉物野菜で、サラダなどに入れて生食するほか、コーヒーの風味づけとしても利用されています。

 

これらの自然の食品を積極的に摂ることで腸内へオリゴ糖が届くと、それをビフィズス菌などの善玉菌が食べ、善玉菌が増えていきます。そうすると、腸内環境が改善されて免疫機能の向上が期待できます。

 

こうして毎日の食事を見直すことで、健康食品に頼らなくても、健康的な体の基礎を作っていくことになります。食育は健康的な生活を送るうえで最も大切なことです。

お砂糖からオリゴ糖にチェンジ!

ダイエットシュガーやてんさい糖などお砂糖にはいろいろ
こだわってきたつもりでした。
オリゴ糖がとても美容や健康に良いと聞いたことはありま
したが、なんとなく食べるきっかけがありたせんでした。
しかし、数年前からお通じが…
いまいち…。

 

オリゴ糖には便通を快適にする効果もあると友人から聞き、
お料理や飲み物に使うお砂糖類をすべてオリゴ糖にチェンジ。

 

 

すると…!!!
とても良いのです。便通が。
腸内の環境が良くなるみたいで、痛みもなく楽に。
カロリーばかり気にしていてはいけませんね。
オリゴ糖の凄さをヒシヒシと感じました。

 

 

そして、それだけではありませんでした。
腸内の環境が整ったからなのか、お肌の調子も良くなって行った
のです。ダイエットシュガーばかりの頃は口当たりの甘さは
その時感じるのですが、なぜか満足しない渇望感のようなものが
残ったのですが、オリゴ糖の場合はそれがないので逆に食べ過ぎが
収まり、結果として食事を楽しみながら健康的にウエイトダウンも
出来ました。

 

少し気になったのは外出時。
スティック状などで気軽に持ち運びできるタイプのオリゴ糖があれば
言うことなしなんですけどね。。。
わたしは小さい容器に移し変えて持ち歩いています。
そのくらい、オリゴ糖生活が定着しています。
美容に健康に(特に腸内環境が気になる方)おすすめです♪

便秘とストレス

多くの人たちを悩ませる便秘ですが、その原因は生活習慣や食生活、また妊娠による体質の変化や薬の副作用など実にさまざまです。
いくら便秘薬に頼っていても、そもそもの原因を解消しない限り便秘は治りません。
そこで、ご自分の便秘の原因をしっかりと見つめ直して行く必要がありますが、皆さんは現代社会に生きる私たちがさまざまな形で抱えている「ストレス」も便秘の原因になるということはご存知でしたか?

 

一見ストレスが便秘と関係しているなんて考えにくいものですが、実は深い関係があるのです。あなたの便秘の原因ももしかしたら「ストレス」かもしれません・・・!

 

1.ストレスは便秘の原因になるの・・・?
その答えは「イエス」です。ストレスは立派な便秘の原因になります。
ストレスは自律神経である交感神経を優位にし、副交感神経の働きを低下させると言われています。一方、便通を促してくれる大腸のぜんどう運動をコントロールしているのは副交感神経なのです。つまり、ストレスを溜めてしまうと、自律神経が狂ってしまい、腸のぜん動運動は正常に行われなくなってしまいます。ぜん動運動が停滞すると便や食物を下に送り出す働きが出来なくなってしまい、便秘になってしまうというわけです。
緊張すると下痢になってしまう…という人もあるかと思いますが、これも症状は一見逆のように見えますが、原因は同じく自律神経の乱れによるものなのです。
ですから「便秘」と「下痢」を繰り返してしまう、というような人は要注意です!

 

2.なぜストレスが便秘の原因になるのか
ストレスは「セロトニン」というホルモンが大きく関係しています。この「セロトニン」は95%が「腸」で作られていると言われており、そもそも「セロトニン」は心の状態を整える働きをもつ神経伝達物質でセロトニンが不足するとうつ病などの発症につながるという研究が専門家の間では注目されているのです。
また、「セロトニン」は腸内で作られると言いましたが、小腸の中の細胞内にあり、ストレス性の便秘もその「セロトニン」が関係し、消化の働きに影響を与えます。
つまり、ストレスを溜めることによって、「セロトニン」の分泌が低下し、より心の状態を整えることが難しくなり(ストレスを溜めやすくなり)、腸の働きにも影響を及ぼしてしまうという悪循環になるのです。

 

3.普通の便秘とは違う! ストレス性の便秘の解消法とは
普通の便秘解消法はというと、適度な運動や食物繊維の積極的な摂取などを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、今回ご説明している「ストレス」が原因の便秘については、自律神経の乱れが原因なので通常の便秘解消方法とは大きく変わってきます。これはご存じない方も多いと思いますので、通常の便秘解消法との違いをピックアップしましたので、心当たりのある方は必見です!

 

その解消法とは…

 

@運動は避け、休養を心掛ける
A熱過ぎる、冷た過ぎる飲食物は控える
Bガスを発生させやすい食品は控える
C食物繊維の摂取に注意する
 (いも類、果物類、海藻類から“水溶性”食物繊維を摂取する)

 

です。詳細を言えばまだまだあるのですが、通常の便秘解消法としてやりがちなことだけをまとめました。
特に注意が必要なのは、運動を避ける、食物繊維の摂取に注意するなど、一般的な便秘対策と逆のことがあるということです。
食物繊維には“水溶性”食物繊維と“非水溶性”食物繊維があります。ゴボウやサツマイモ、大豆、玄米などの食物繊維は“非水溶性”食物繊維になります。水に溶けず、腸の中で膨れ上がる非水溶性の食物繊維は、ストレスが原因の便秘では、むしろ控えた方が良いと言われています。

 

いかがでしたか?
一般的に便秘は女性に多いと言われていますが、この「ストレス」が原因の便秘は社会に出て働く男性に多いことも分かっています。
ひとことに「便秘」と言っても、人によって原因は異なります。「ストレス」が原因だということが疑わしい人は、そのストレスの原因を取り除くことが一番ですが、それが難しいのが現実です。しかし、その解消法まで間違っていたらもともこもありません。
ご自分の心と体を見つめ直し、心身ともにストレスのない日々を送ることができるようになりましょう。

体質的な便秘を解消しよう

 慢性的に便秘が続くのを体質のせいと諦めてしまうのは早計です。
確かに、身体的特徴は人それぞれ異なりますが、排泄という生理機能に影響が及ぶほどの違いは、体質よりむしろ進化の過程や環境に適応した結果です。
昔、盲腸にはヒトの祖先が食べた木の根を消化する役割があったことや、現代では欧米人とアフリカ人で同じ食物の体内存留時間が違うこと、などです。
個々の生理機能はそれぞれに合った生活条件下では正常に機能するのが普通ですから、便秘などの不調は通常、生活習慣の見直し・改善によって解消できるものです。
 便秘が男性に比べて女性に多いのは事実で、その理由はいくつか挙げられます。
女性は生理前になると便秘になりやすくなり、生理が来れば自然と解消されることがありますが、これは女性ホルモンである「黄体ホルモン(エストロゲン)」の影響によるものです。女性の体は月経周期によってホルモンバランスが変わります。
生理前1週間〜10日の期間に多く分泌される黄体ホルモンは、自律神経の働きを鈍らせて便意を感じづらくなるため、排便の機会を逃してしまう原因になり得ます。
また、子宮の急激な収縮を防ぐ代わりに大腸の蠕動(ぜんどう)運動を弱めてしまう作用もあるので、それによって腸の動きが鈍くなり便秘につながることもあります。
女性にとって生理自体は毎月の自然な働きですが、この周期を意識して便秘にならないように対策を取ることは可能です。排便を促す効き目があるマグネシウムやカリウムを摂ったり、それらが多く含まれるミネラルウォーターを多めに飲むのも効果的です。
また生理時期が過ぎれば症状が軽減されるので、あまり深く考えずストレスを溜めないように心掛けましょう。
腹筋の力が弱かったり、排便を我慢する癖がついているといった良くない状態についても、こまめに水分を取るなど生活習慣を見直し、腹筋運動に限らずとも歩いたり、腰をひねる動きのある運動を継続して取り入れることによって克服することができます。